Jump menu

Main content | back to top

新潟雪国型・第二メガソーラー

新潟雪国型・第二メガソーラー

太陽光発電システムの普及啓発を目的とした新潟県との共同事業

新潟雪国型メガソーラーについて

新潟雪国型メガソーラー発電所は、2009年9月に日本初商用メガソーラー発電所の実現を目指す新潟県が実施した雪国型メガソーラーの共同事業者の公募に対し、昭和シェル石油が提案した内容が採択され実現したものです。2010年8月31日に旧製油所跡地を活用し日本初の商業用発電施設として生まれ変わりました。メガソーラーの発電したクリーンな電力は東北電力の電線に送電され、近隣の皆さまが使用される電力の一部となります。このプロジェクトは、メガソーラー発電所の建設だけでなく、太陽光発電システムの普及啓発活動も目的とし、下記の活動を行います。

  • 1,000kW太陽光発電所(メガソーラー)の建設、商業運転の実施
  • 電気自動車充電器の設置(昭和シェル石油新潟東SS内)
  • 近隣小学校を対象としたエネルギー教室の開催

本事業は、経済産業省が公共産業分野での新エネルギーや太陽光発電の導入促進を図るための事業の一環で、一般社団法人 新エネルギー導入促進協議会による「地域新エネルギー等導入促進対策費補助事業」の助成をうけ、新潟県と昭和シェル石油株式会社が共同実施する事業です。

新潟第二メガソーラーについて

新潟雪国型メガソーラーの隣地にて2014年4月に運転開始をした、昭和シェル石油が運営する最大規模のメガソーラー(発電出力6,000キロワット)です。世界最大手の太陽光発電システム建設請負会社(EPC)の一つであるべレクトリック(Belectric、本社:ドイツ)の施工技術を活用し、省コスト・短工期で建設されました。当メガソーラーには、「雪国型メガソーラー」でこれまで培われてきた、運転の知見が最大限生かされています。

これらの施設には、弊社の100%子会社であるソーラーフロンティア(株)が生産するCIS薄膜太陽電池が使用されています。CIS薄膜太陽電池は、多様な気象条件における発電能力の高さが期待されており、本事業を通じその優位性を実証していきます。また、同施設は、地域の皆様がエネルギーについて学べる見学施設を併設しており、同県の将来を担う次世代の子どもたちや地域社会の皆様と、低炭素社会の実現へ向けて情報を発信する拠点としても役割を果たしていきます。

発電所概要
近距離による撮影

近距離による撮影

〈新潟雪国型メガソーラー〉
日本初の商用発電所(除電力会社)を雪国地域に設置

【施設概要】

  • 発電事業者 : 新潟県+昭和シェル石油(株)共同事業
  • 商業生産開始日 : 2010年8月31日
  • 敷地面積 : 約35,000㎡
  • 設置傾斜角 : 20°および30°(架台高さ=1m)
  • 使用太陽電池 : ソーラーフロンティア(株)製CIS薄膜太陽電池
  • 使用枚数 : 12,528枚
  • 出力 : 1,000kW
  • 太陽電池容量 : 1,002.2kW
  • 予想発電量 : 約100万kWh/年(一般家庭180軒分 ※)
  • 二酸化炭素削減効果 : 約524CO2t/年 ※
積雪時の様子

積雪時の様子

〈新潟第二メガソーラー〉
昭和シェル石油グループ内最大級の太陽光発電所

【施設概要】

  • 発電事業者 : 昭和シェル石油(株)単独事業
  • 商業生産開始日 : 2014年4月14日
  • 敷地面積 : 約107,300㎡
  • 設置傾斜角 : 20°(架台高さ=1~1.4m)
  • 使用太陽電池 : ソーラーフロンティア(株)製CIS薄膜太陽電池
  • 使用枚数 : 46,680枚
  • 出力 : 6,000kW
  • 太陽電池容量 : 6,947.8kW
  • 予想発電量 : 約748万kWh/年(一般家庭1,300軒分 ※
  • 二酸化炭素削減効果 : 約3,900CO2t/年 ※

※太陽光発電協会「表示に関する業界自主ルール」より算出

当メガソーラーの特徴
  • 雪国での最適傾斜角を検証するため太陽電池設置角度を設けています。(20度もしくは30度)
  • 雪対策のため地上1m以上の高さから太陽電池を設置しています。