Jump menu

Main content | back to top

Ferrari F150
フォーミュラ・ワンとは。

2017年のF1グランプリは、オーストラリア(3月26日決勝)で開幕し、最終戦のアブダビ(11月26日決勝)まで全20戦が開催される予定です。F1グランプリの正式名称は“FIA Formula One World Championship”。FIA(国際自動車連盟)公認の世界最高峰の選手権レースで10チーム、20名のドライバーが参戦します。

もともとは「規格」を意味する「フォーミュラ」。しかし、現在フォーミュラ・車両といえば一人乗りで車体の外側にタイヤをもつ純粋な競技用車両の総称として使われています。F3、F2、GP2、日本のスーパーフォーミュラなど、多くのカテゴリーがありますがFormula Oneはその最高峰のカテゴリーで、参加するドライバーには特別なスーパー・ライセンスの取得が義務付けられています。

グランプリの名を冠した自動車レースはすでに戦前からヨーロッパ各地で行われていました。現在のようなF1世界選手権が始まったのは戦後、1950年からです。記念すべき第1回大会はイギリスGPで、この年の第2回大会、モナコGPからShellがパートナーとなってスクーデリア・フェラーリが参戦を開始し、翌'51年のイギリスGPでホセ・フロイラン・ゴンザレスがShellとスクーデリア・フェラーリにとって記念すべきF1初優勝を記録しました。

また、1958年からはコンストラクター(車体製造者)対象のチャンピオンシップも設けられてます。以来、現在まで、F1カーは車体サイズや、エンジン排気量など、時代にあわせて数々のレギュレーション変更を受けて発展、数々の名勝負で世界中のファンを魅了してきました。

現在のF1では、燃料に関してのレギュレーションも厳しく規制されており、非常に限定された部分でしか開発が認められていません。それでもShellグローバル・ソリューションチームは、スクーデリア・フェラーリと一体となり、2017年仕様のF1カー、SF70Hに最適な燃料とオイルを開発、タイトル獲得に向けて戦うセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンの走りをサポートします。