Jump menu

Main content | back to top

2017 F1 レースレポート Rd8 アゼルバイジャンGP

ベッテル、大波乱のレースで 4位入賞。

開催日:2017年6月23-25日

昨年、ヨーロッパGPとして初開催された首都バクー市街地コースでの一戦。今年はアゼルバイジャンGPと名称を変更して開催された。予選で、Shellのイノベーション・パートナー、スクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンは最終セッションQ3まで進み、ライコネンは1分41秒693のタイムをマークしたライコネンが3番手、ベッテルが1分41秒841の4番手。セカンドローにフェラーリが並んだ。

スタート後の2コーナーでライコネンが2番手メルセデスのバルテリ・ボッタスに並びかけたが、縁石に乗ったボッタスが跳ねてライコネンに接触。その影響でウォールにヒットしたライコネンは5番手に後退。ベッテルはその隙をつき、2番手に浮上した。12周目、コース上にストップしたマシン撤去のためセーフティカーが導入された。このタイミングで2台のフェラーリを含む多くのマシンがピットに向かいタイヤを交換した。17周目にレース再開。首位はメルセデスのルイス・ハミルトン、2番手ベッテル、マシンにダメージを負っているライコネンは6番手。しかし、パーツの破片が撤去し切れていなかったため、すぐに再度セーフティカーが導入され、20周目にリスタートが切られた。ベッテルは、セーフティカーラン中にハミルトンと接触していたが2番手をキープ。一方のライコネンは、直前を走っていたフォースインディア同士の接触で飛んできた破片によって右後部にダメージを負い緊急ピットイン。直後、このアクシデントで再び大量の破片が飛び散ったため、レースは赤旗中断となった。コース清掃終了後、各車ピットレーンからセーフティカー先導でコースインしてレース再開。一時ベッテルはハミルトンとの接触が危険行為とされ10秒のピットストップペナルティで7番手に後退したが、終盤に各所でオーバーテイクを繰り返し4位フィニッシュ。またマシンにダメージを負いながら赤旗中断後も周回を続けたライコネンは46周で走行を止めてマシンを降りたが、5周遅れの14位完走扱いとなった。

アゼルバイジャンGPのフォトギャラリーを見る

Shell & Ferrari タイヤ戦略
ベッテル:
1回目 12周 ソフト/New
2回目 22周 スーパーソフト/Used(赤旗再スタート)
ライコネン:
1回目 12周 ソフト/New
2回目 20周 スーパーソフト/Used(赤旗再スタート)
Source: Ferrari

結果

1ダニエル・リカルド(レッドブル)51周2:03'55.573
2バルテリ・ボッタス(メルセデス)51周+3.904
3ランス・ストロール(ウイリアムズ)51周+4.009
4セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)51周+5.976
5ルイス・ハミルトン(メルセデス)51周+6.188
6エステバン・オコン(フォースインディア)51周+30.298
7ケビン・マグヌッセン(ハース)51周+41.753
8カルロス・サインツJr.(トロロッソ)51周+49.400
9フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)51周+59.551
10パスカル・ウェーレイン(ザウバー)51周+1:29.093
11マーカス・エリクソン(ザウバー)51周+1:31.794
12ストフェル・バンドーン(マクラーレン)51周+1:32.160
13ロマン・グロージャン(ハース)50周1Lap
14キミ・ライコネン(フェラーリ)46周DNF
-セルジオ・ペレス(フォースインディア)39周リタイア
-フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)25周リタイア
-ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)24周リタイア
-マックス・フェルスタッペン(レッドブル)12周リタイア
-ダニール・クビアト(トロロッソ)9周リタイア
-ジョリオン・パーマー(ルノー)7周リタイア

ドライバーズランキング

1セバスチャン・ベッテル153
2ルイス・ハミルトン139
3バルテリ・ボッタス111
4ダニエル・リカルド92
5キミ・ライコネン73
6マックス・フェルスタッペン45
7セルジオ・ペレス44
8エステバン・オコン35
9カルロス・サインツJr.29
10フェリペ・マッサ20
11ニコ・ヒュルケンベルグ18
12ランス・ストロール17
13ケビン・マグヌッセン11
14ロマン・グロージャン10
15パスカル・ウェーレイン5
16ダニール・クビアト4
17フェルナンド・アロンソ2

コンストラクターズランキング

1メルセデス250
2フェラーリ226
3レッドブル137
4フォースインディア79
5ウイリアムズ37
6トロロッソ33
7ハース21
8ルノー18
9ザウバー5
10マクラーレン2