Jump menu

Main content | back to top

2017 F1 レースレポート Rd17 アメリカGP

ベッテル2位、ライコネン3位。揃って表彰台へ

開催日:2017年10月20-22日

予選
オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催されたアメリカGP予選で、Shellのイノベーション・パートナー、スクーデリア・フェラーリは、Q1をセバスチャン・ベッテル4番手、キミ・ライコネン7番手で通過。Q2でもライコネン3番手、ベッテル4番手と順調にタイムを刻み2台はQ3に進出した。Q3ではベッテルがメルセデスのルイス・ハミルトンとポールポジション争いをしたが0.2秒届かず1分33秒347で2番手。ライコネンが1分33秒577で5番手だった。

決勝
日曜日は、朝に雨が降ったものの、すぐに天候は回復し、ドライコンディションとなった決勝。ベッテルは、2番グリッドから好スタートを決めてターン1でハミルトンから首位の座を奪う。一方ライコネンはスタートでひとつポジションを下げたが、3周目には5番手に復帰。6周目、レースをリードしていたベッテルがハミルトンにパスされて2番手に後退する。その後、16周目に1回目のピットストップに入るとメルセデス勢もベッテルに反応してすぐにピットへ。そしてライコネンも20周目に1回目のピットストップを敢行した。上位のオーダーはハミルトンを先頭に、ベッテル、ボッタス、ライコネンの順。ベッテルは38周目に2回目のピットストップへ。対するメルセデス勢はコースに上に留まり、1ストップ作戦で1-2態勢で周回を続けた。この牙城をまず42周目にライコネンがボッタスを抜いて崩すと、ベッテルもファステストラップを更新する走りで追い上げて51周目にボッタスをオーバーテイク。その後フェラーリの2台は52周目にポジションを入れ替えて2位ベッテル、3位ライコネンの順でフィニッシュした。

アメリカGPのフォトギャラリーを見る

Shell & Ferrari タイヤ戦略
ベッテル:
1回目 16周 ソフト/New
2回目 38周 スーパーソフト/Used
ライコネン:
1回目 20周 ソフト/New
Source: Ferrari

結果

1ルイス・ハミルトン(メルセデス)56周1:33'50.993
2セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)56周+10.143
3キミ・ライコネン(フェラーリ)56周+15.779
4マックス・フェルスタッペン(レッドブル)56周+16.768
5バルテリ・ボッタス(メルセデス)56周+34.967
6エステバン・オコン(フォースインディア)56周+1'30.980
7カルロス・サインツJr.(ルノー)56周+1'32.944
8セルジオ・ペレス(フォースインディア)55周1lap
9フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)55周1lap
10ダニール・クビアト(トロロッソ)55周1lap
11ランス・ストロール(ウイリアムズ)55周1lap
12ストフェル・バンドーン(マクラーレン)55周1lap
13ブレンドン・ハートレー(トロロッソ)55周1lap
14ロマン・グロージャン(ハース)55周1lap
15マーカス・エリクソン(ザウバー)55周1lap
16ケビン・マグヌッセン(ハース)55周1lap
-フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)24周DNF
-ダニエル・リカルド(レッドブル)14周DNF
-パスカル・ウェーレイン(ザウバー)5周DNF
-ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)3周DNF

ドライバーズランキング

1ルイス・ハミルトン331
2セバスチャン・ベッテル265
3バルテリ・ボッタス244
4ダニエル・リカルド192
5キミ・ライコネン163
6マックス・フェルスタッペン123
7セルジオ・ペレス86
8エステバン・オコン73
9カルロス・サインツJr.54
10フェリペ・マッサ36
11ニコ・ヒュルケンベルグ34
12ランス・ストロール32
13ロマン・グロージャン28
14ケビン・マグヌッセン15
15ストフェル・バンドーン13
16フェルナンド・アロンソ10
17ジョリオン・パーマー8
18パスカル・ウェーレイン5
19ダニール・クビアト5

コンストラクターズランキング

1メルセデス575
2フェラーリ428
3レッドブル315
4フォースインディア159
5ウイリアムズ68
6トロロッソ53
7ルノー48
8ハース43
9マクラーレン23
10ザウバー5