F1 2018 レースレポート 第17戦 日本GP

ライコネン5位、ベッテル6位でダブル入賞。

開催日:2018年10月5日-7日

予選1
予選2

予選

鈴鹿サーキットでのF1開催は今年で30回目。予選は曇り空のもとで始まり、Q1はセッション終盤からコースの一部でわずかに雨が落ち始めたが、セバスチャン・ベッテルが2番手(1分29秒049)、キミ・ライコネンが5番手(1分29秒631)で通過した。続くQ2は最初のアタックをベッテル3番手(1分28秒279)、ライコネン4番手(1分28秒595)。で終えた。その後、雨脚が若干強まったためアタックは行わず、3、4番手のままQ3進出を決めた。Q3は他車がスリックタイヤを履いてコースインしたのに対して、フェラーリ勢はインターミディエイトタイヤを装着。しかし、路面はまだドライ傾向が強く2台はピットに戻ってスリックタイヤに交換してコースに復帰し、ライコネンは4番手(1分29秒521)、ベッテルは9番手(1分32秒192)タイムをマークした。その後、2回目のアタックに向かったが、セッションが進むにつれて雨量が増えて、各車2回目のアタックでタイムを更新することはできず、ライコネン4番手、ベッテル9番手で予選を終えた。

決勝1
決勝2

決勝

予選日から一転して快晴となった決勝日。エステバン・オコン(フォース・インディア)のグリッド降格により、ベッテルは1つ繰り上がって8番グリッドからスタートした。ライコネンは4番手をキープし、ベッテルはダッシュを決めてS字コーナーまでにトロロッソの2台を、スプーンでも1台をパスして5番手に浮上。そして、シケインを曲がりきれずにショートカットしてコースに復帰したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がライコネンに接触し、このタイミングでベッテル4番手、ライコネン5番手となった。フェルスタッペンはこの件で5秒加算のペナルティが科せられた。4周目、後方集団の接触でコース上に散乱した破片回収のためセーフティカーが導入される。首位ルイス・ハミルトン(メルセデス)、2番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)、3番手フェルスタッペン、4番手ベッテル、5番手ライコネンの順でレースは8周目に再開した。直後のスプーンでフェルスタッペンとベッテルが接触し、スピンしたベッテルは最後尾まで後退。一方ライコネンもフェルスタッペンとの接触でマシンにダメージを負っていて本来のペースを発揮できず、後方から追うダニエル・リカルド(レッドブル)にその差を詰めはじめられていった。ライコネンは17周目にピットストップに入り、迅速なタイヤ交換作業を終えたが、23周目にピットストップしたリカルドに逆転されてライコネンは5番手に後退した。一方のベッテルは、最後尾から追い上げて26周目のピットストップまでに入賞圏内に浮上した。その後もオーバーテイクを繰り返して35周目にはチームメイトの後ろ6番手まで順位を挽回して、2台は最後までねばり強い走りでライコネン5位、ベッテル6位でダブル入賞を果たした。

Shell & Ferrari タイヤ戦略

ベッテル

1回目26周 ソフト/New

ライコネン

1回目17周 ミディアム/New

Source: Ferrari

結果

1ルイス・ハミルトン(メルセデス)53周 1:27:17.062
2バルテリ・ボッタス(メルセデス)53周+12.919
3マックス・フェルスタッペン(レッドブル)53周+14.295
4ダニエル・リカルド(レッドブル)53周+19.495
5キミ・ライコネン(フェラーリ)53周+50.998
6セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)53周+69.873
7セルジオ・ペレス(フォースインディア)53周+79.379
8ロマン・グロージャン(ハース)53周+87.198
9エステバン・オコン(フォースインディア)53周+88.055
10カルロス・サインツJr.(ルノー)52周1lap
11ピエール・ガスリー(トロロッソ)52周1lap
12マーカス・エリクソン(ザウバー)52周1lap
13ブレンドン・ハートレー(トロロッソ)52周1lap
14フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)52周1lap
15ストフェル・バンドーン(マクラーレン)52周1lap
16セルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ)52周1lap
17ランス・ストロール(ウイリアムズ)52周1lap
-シャルル・ルクレール(ザウバー)38周リタイア
-ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)37周リタイア
-ケビン・マグヌッセン(ハース)8周リタイア

ドライバーズランキング

1ルイス・ハミルトン331
2セバスチャン・ベッテル264
3バルテリ・ボッタス207
4キミ・ライコネン196
5マックス・フェルスタッペン173
6ダニエル・リカルド146
7セルジオ・ペレス53
8ケビン・マグヌッセン53
9ニコ・ヒュルケンベルグ53
10フェルナンド・アロンソ50
11エステバン・オコン49
12カルロス・サインツJr.39
13ロマン・グロージャン31
14ピエール・ガスリー28
15シャルル・ルクレール21
16ストフェル・バンドーン8
17ランス・ストロール6
18マーカス・エリクソン6
19ブレンドン・ハートレー2
20セルゲイ・シロトキン1

コンストラクターズランキング

1メルセデス538
2フェラーリ460
3レッドブル319
4ルノー92
5ハース84
6マクラーレン58
7フォースインディア43
8トロロッソ30
9ザウバー27
10ウイリアムズ7