Jump menu

Main content | back to top

TOP MESSAGE 「エネルギー業界の未来と私たちのビジョン」

昭和シェル石油の強みとは

我々には、大きく2つの強みがあります。
1つは、「お客様・地域のために何が必要か」という目的に立脚する「顧客志向」です。
エネルギー資源の多くを海外に依存する日本にとって、日本のエネルギーセキュリティを支えることは、当社が果たすべき社会的使命であると考えています。当社は過去から、エネルギーを届けるだけでなく、お客様に安心・安全をお届けするというDNAを脈々と受け継ぎ、常に「お客様のために私たちがすべきこと」を社員一人ひとりが考え、実践しています。
2つめは、お客様のために先んじて変化し続けること。つまり「先進性」です。
革新的なハイオクガソリン「Shell V-Power」の開発をはじめ、独自技術のCIS薄膜太陽電池によるソーラー事業や、LNG・バイオマス・ソーラーなど多様なエネルギーソースを用いた電力事業など、我々はエネルギー環境の変化に応じて事業を多角化し、どこよりも早く、先を見据えて、新たなエネルギーを追求してきました。エネルギー業界の進化を牽引してきたという自負と共に、これからの時代も、率先して新たなチャレンジを進めていきたいと思います。

これからのビジョン

亀岡 剛CEO

今後、エネルギーに対する社会からのニーズは、ますます多様化、そして複雑化していきます。言い換えれば、エネルギー企業各社には今、未来の国内・海外のエネルギーポートフォリオをどのように見立て、戦略的に仕掛けていくのか、大きな難題が突きつけられているとも言えます。
そのような環境の中で、我々は変化するニーズを素早くキャッチし、お客様の求めるエネルギーを提案し続ける「総合エネルギー企業」となるビジョンを掲げ、会社一丸となって取り組んでいます。現在準備を進めている出光興産株式会社との経営統合は、その重要な第一歩です。
そして、このビジョンの実現のため、我々は、石油事業を中心とした既存事業の収益性、効率性で他社を凌駕し、「屈指の競争力を有する業界のリーディングカンパニーを構築し、日本のエネルギーセキュリティを支える」ことを第1の目標としています。
これは未来の新エネルギーへの投資にも繋がりますし、業界内で最も事業の効率性が高く、先進的な取り組みを行ってきた昭和シェル石油でしか成し遂げられないミッションであると考えています。「次の100年」の新たなエネルギー文化を創っていくという使命の中で、これからもチャレンジに邁進していきたいと思います。

学生へのメッセージ

亀岡 剛CEO

「日本発の新しいエネルギー企業」。
これこそが、今後、持続的な成長を実現するために私たちが目指す姿です。そしてこれからのエネルギー産業における競争優位の源泉は、それを形にできる「人」にあります。
人材面においても、当社は多くの先進的取り組みを実践してきました。具体的には2000年初頭にダイバーシティー&インクルーシブネスの基本方針を策定し、性別や国籍に拠らない採用、他社に先駆けた仕事と家庭の両立支援策の拡充を進め、多様な価値観を認め合うことを推奨し、企業の成長と個人の自己実現を目指してきました。
変化するエネルギービジネスのフィールドで誰よりも先にチャレンジしたい、新しいエネルギー企業の実現に向けて当事者として道を切り拓き、活躍したい方は、ぜひ当社の門をたたいてください。
数多のチャレンジを乗り越えていく中で、この国を支える誇りと日本発のグローバルなエネルギー企業を創っていく充実感を感じることができるはずです。
今年度の新卒採用で入社する皆さんは、次の100年を築く重要な役割を担ってくれるものと、期待しています。